2016年09月12日

もっと光を!

東京の展示まで1ヵ月を切ったというのに長らくの沈黙。相変わらず悶え転げていますが、特に今回苦しんでいるのは「光」。作品作りの中で「光」は切っても切り離せない重要な存在、というより作品の効果を何倍にも引き出す欠かせない存在。

今までは作品に電気的な仕組みを組み込むことはできるだけ避けてきたのですが、「光の効果的な演出」を追求する上では避けて通れなくなりました。

もちろん全ての作品を「電気」にする訳ではなく、新しく制作中の作品にはどうしても取り入れたかったのです。
具体的にはマイコン制御によるフルカラーLEDの演出といったところでしょうか。
電子回路には漸(ようや)く目処が立ったけれどプログラムはまだ怪しい、果たして間に合うのか???
FULLCOLOR LED.jpg
posted by 箱庭屋 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月29日

クラウドファウンディング終了しました

長いようでしたが3ヶ月弱のクラウドファウンディングが終了しました。
多くの方に応援して頂き本当に感謝いたしております。
残念ながら今回は不成立となりましたが、問題点、課題、弱点、メリット、デメリットなど
貴重なノウハウも学ばせて貰いました。
もしチャンスがあるならこの経験を活かして再度チャレンジも考えてみたいと思います。
みなさまほんとうにありがとうございました。
長いトンネルを抜けまた復活します。




posted by 箱庭屋 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月19日

今日の日経新聞朝刊に記事掲載!

nksb.jpg
結構というか極めてというか物凄くいいところです。内側の白黒ページに比べるとやっぱり迫力が違いますね。
顔写真が「蛭子能収さん似?」です。まあ広角レンズで50センチの至近距離から撮られた写真なので、顔に遠近がついてます。いくら遠近にこだわっているからと言って、顔まで"遠近"にしていただかなくてもよかったのですが(笑)。でも蛭子能収さんの背伸びしない自然体"飾らない"スタイルは結構ファンなんです。

posted by 箱庭屋 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月17日

新聞記事?

19日(木)朝刊になりそうです。
posted by 箱庭屋 at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月07日

季刊誌「クラシズム」 CLasism Vol.2 2016年夏号に掲載

知的探求心を忘れず、「クラシ(暮らし)」に、「スム(住む)こと」に、こだわりを持つ大人たちを対象にした季刊誌「クラシズム」が「心にひとつあなたの庭を」という特集をされることになり、「庭」つながりで「箱庭屋」も載せて頂くことになりました。「庭と私」のコーナーで見開き2P載っています。不自然に引きつった笑い顔が・・・
5月10日発売、近畿2府4県、東京都内の一部の書店、Amazon
A4変形大判、フルカラー、108ページ 1080円(税込)


posted by 箱庭屋 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月06日

クラウドファウンディングのグレードアップ版

今クラウドファウンディングの「マクアケ」で公開中のプロジェクト「ポポラマ」
現状、印刷部数の設定からどうしても割高感が否めません、もしも印刷部数が増えてコストが下がったとしたら早くにご注文頂いた方に申し訳ないので、とりあえず完成品に限って300部限定で仕上げをグレードアップさせて頂くことにしました。で具体的にどうなるの?ということでこれから説明いたします。

1.レーザーカットの断面は白い
レーザーカットされた切り口は正面から見たときはそうでもないのですが、斜めから見たときに切り口の白が目立つ場合があります。黒い紙が使えればいいのですが、印刷の発色、レーザーで焦げやすくなるなどで使えません。kirikuchi1.jpg

そこで切り口を着色することにします。着色には先が細くなった筆ペンが便利です。黒すぎる場合は薄墨色を用い使い分けます。
hude1.jpg

2.水面を塗る
砂浜と海面は艶消し印刷と光沢印刷を使い分けます。光沢印刷は艶はあるのですが平坦で”凪(ナギ)”のような状態になってしまいます。
nami1.jpg
(写真はイメージで実際に印刷されたものではありません)
実は「UV盛上げ」という特殊な印刷方法もあるのですが非常にコストがかかるので今回は採用できませんでした。グロスポリマーメディウムという艶出し塗料を筆で塗ってやるとリアルな波の表現が可能になります。風景に躍動感が産まれるとでも言ったらいいのでしょうか。キット制作の場合木工用ボンドを筆で塗っても近い効果が得られます。
nuri1.jpg

300部も作業するとなると結構覚悟がいりますが、早めにご注文いただいた方への感謝の気持ちで少しでもリアルなものをお届けできたらと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 箱庭屋 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月02日

クラウドファウンディングスタート!しました

ついに、というかようやくというか、恐ろしく時間がかかった末にクラウドファウンディングを始めました。
サポートしてくれるところは「マクアケ」です。

makuake_380_100_b.gif

TOPAGE.jpg

マクアケ:未体験3D!開けばそこは別世界!!箱庭屋ポップアップジオラマ【ポポラマ】モルジブ
プロダクト

キットと完成品の2パターンあります。
取りあえず完成品の最初の300点は限定仕様ということで印刷されたものに手を加えてグレードアップさせています。キットの方は印刷された状態のままですので解説書を見ながらご自分で自由にグレードアップしていただくスタイルになります。

グレードアップの中身は
・印刷された平面光沢の海に波を筆塗で加えててよりリアルに仕上げています。
・レーザーカットされた紙の切り口がそのままでは白く目立つの筆で着色してあります。
手作業で加工するのでとりあえず最初の300点とさせていただきます。

本当はもっとコストを下げたいのですが、数量が中途半端でなかなか下がりません。
細かい部分はこれからまだ詰めていきますのでリクエストなどありましたら、ぜひお寄せください。
最初は「モルジブ」からですが、プロジェクトがうまく進めばシリーズで出せるかもしれません。
皆様ぜひよろしくお願いいたします!

箱庭屋・安田誠一


posted by 箱庭屋 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月20日

ポップアップ「ポポラマ」のクラウドファウンディング準備中

TOPAGE.jpg

現在、企画中の飛び出す紙のジオラマの名前を決めました。
ポップアップジオラマ Popup Dioramaなので
POPORAMAです。

ネーミングするときに注意しなくちゃならないのが先に使用があるかどうかなので、「ポポラマ」「POPORAMA」で検索してみると、「ポポラマーマ」というパスタ屋さんとか40年前のスウェーデンのラジオ番組などがあるようですが業種が異なるので大丈夫なようです。

では、企画がどのくらい進んでいるかといいますと、4月末からGW頃にはクラウドファウンディングをスタートさせたいと考えています。今日、原稿を提出しなければならないので大慌てです!
詳細わかりましたらお知らせいたします。

posted by 箱庭屋 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月21日

デザイン・コード展〜美の暗号〜

2日間のデザインコード展終了しました。さすが都内の一等地とあって来場者も格別です。
場所柄か外国人のかたも多かったです。d1.jpg
開場前なので静かです。
d2.jpg
こちらも開場前です。
d3.jpg
箱庭コーナーは座興みたいに手軽に楽しめます。


posted by 箱庭屋 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月15日

今週末「デザイン・コード展〜美の暗号〜」開催

いよいよ今週末3月19日・20日の2日間、東京・六本木ヒルズカフェ/スペース(六本木ヒルズ森タワー2F)で「デザイン・コード展〜美の暗号〜」が開催されます。気が付いたらもう直前です。

飲んだくれの見世物小屋のおっさん(=私)にはちいと敷居が高くはありますが、やはり気になるものがいろいろあるので見に行こうと思っています。
今回きになってるのは大野友資さんの「360°BOOK」(青幻舎)のオリジナル作品。
「開けば飛び出るジオラマ」ときけばそれだけできもそぞろ・・かな。

私のほうの「開けば飛び出るジオラマ」実現にはまだまだ難問山積ですが、4月半ばを目標にとにかくクラウドファウンディングに漕ぎ着けたいと悪戦苦闘中です。
posted by 箱庭屋 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記