2014年09月30日

ギャラリー展終了

京都烏丸のギャラリー富小路で開催されていた個展が無事終了しました。
たくさんの方の助けがあってようやく実現できたことにただただ感謝です。
後半3日間で1000人以上の方にお越しいただきましたので、まともな解説もできなかったことが悔やまれます:

年内にもう一回ぐらい展示の場が持てないか・・・検討中です。
posted by 箱庭屋 at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月27日

ギャラリー展後半初日

秋晴れの爽やかな日なのにギャラリー内はあつい一日でした。テレビ放映後から遠方近隣続々とお集まり頂きしばらく入場ストップの状態に・・。本当に暑くてエアコンも追いつかないぐらいでした。ゆっくりじっくりと「楽しんで頂きたい」との想いとは裏腹にバタバタになってしまいました。わざわざ脚をお運び頂いた皆様本当にありがとうございました。至らぬ解説となってしまいそこが心残りです。

明日もしお越しくださるご予定なら14時〜17時の間は非常に込み合う可能性があります。
朝は10時には開けておりますのでゆっくりご覧頂くには朝か終了間際、もしくは月曜日の方がよろしいかと。
「ブログを見て来た」と言って頂ければ20%の解説増量サービスをさせて頂きますね

posted by 箱庭屋 at 23:28| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月25日

ギャラリー個展 27日(土)から 京都烏丸 時間変更有

京都の烏丸にあるギャラリー富小路で今週末から「極小世界旅行」〜閉ざされた小宇宙〜(後期)始まります。
9月27日朝11時〜ABC朝日放送のドキュメンタリーに「箱庭屋」が登場します。週末は天気も良さそうなので特に28日(日)は混雑も予想されます。まあ15名もお越しいただくと混雑状態、ひと通りご覧頂くのに30分〜ですので時間帯によってはかなり込み合う可能性が高いです。

そこで少しでもゆっくりとご覧いただけるように全日会場時間を1時間早めて午前10:00にはご観覧頂けるようにいたします。また10時前に会場に着かれた場合でもお気軽にお立ち寄りください。

■会期
2014年 9月27・28・29日(土日月) 3日間
全日 10:00〜19:00 (時間変更)

■会場
ギャラリー富小路(とみのこうじ)
〒600-8053 京都市下京区富小路通 綾小路下る塗師屋町83
地下鉄四条駅  阪急烏丸駅  阪急河原町 徒歩6分
京阪祇園四条駅 徒歩11分    地下通路12番出口
posted by 箱庭屋 at 20:12| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月13日

初めてのドキュメンタリー(ABC朝日放送:関西ローカル)

ABC朝日放送(関西ローカル:6CH) 土曜日午前11:00〜11:30 のドキュメンタリー番組
『LIFE〜夢のカタチ〜』の9月27日(土)の放送に登場することになりました。
(佐々木蔵之介さんがナレーションしている番組です)
ほぼ1ヶ月の間に8回の撮影とかなりのハードスケジュールでした。
最後の方は時間に追われ無精髭のまま出てしまったことも・・・
混乱、緊張で支離滅裂な話、(編集で何とか意味の通るようにして貰えると思うのですが・・)
みっともない姿を公共の電波に載せるのは恥ずかしい限りです。
その分と言っては何ですが、作品はしっかり撮影していただけました。
今まで非公開だった秘密(?)の作品内部も一挙大公開!!
(本当は秘密にしておきたかったのですが・・・)
もしお時間があれば退屈しのぎに・・

■番組概要
番 組 名:LIFE 〜夢のカタチ〜
放 送 局:朝日放送 6ch
放送日時 :毎週土曜日 11:00〜11:30(関西ローカル)
      *朝日放送系列にてリピート放送あり
番組内容 :「夢」をキーワードに、人生の輝く瞬間を 描く「人間ドキュメント」番組。
さまざまな人が情熱を傾ける姿に密着、それぞれの「夢」のカタチを浮き彫りにします。
ナレーター:佐々木蔵之介

satuei.jpg
三千院でのロケのワンシーンです。
一般の拝観の方の邪魔にならないよう開門時間の前に撮影しています。
そのおかげで普段では眼にできない朝の勤行のシーンを"垣間見る"こともできました。
※ここで意味不明なゴタクを述べている人物は無視して下さいね。





posted by 箱庭屋 at 09:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月11日

箱庭屋HPに「かいまみ」ページを追加

写真資料を入れた「かいまみ」の紹介ページ作ってみました。

http://www.hakoniwaya.com/hako/work/kaimami.html
posted by 箱庭屋 at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月07日

新作 「かいまみ 〜垣間見〜」京都伏見稲荷大社 

京都伏見稲荷大社は最近海外の旅行者に大人気のスポットだそうで、ロケ中も6割ぐらいは海外からの旅行者といった印象でした。新作の伏見稲荷は手直しをしていたので、やっとこさで公開です。
fs1.jpg
千本鳥居です(本物)

fs2.jpg
奥に千本鳥居が見えます。新作はこの辺りをイメージしています

f.jpg
行灯のような外観です

pre.jpg
これが手直し前のもの、番組ではこちらが登場します(残念!)


fusimihiru.jpg

こちらが手直し後のもの、どこが変わったか判ります?

fusimiasa.jpg
朝の感じ

fusimiyu.jpg
夕暮れの感じ


kitunesama1.jpg

御狐様

posted by 箱庭屋 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月06日

新作 「かいまみ 〜垣間見〜」京都大原三千院 

京都大原三千院の庭園「有清園」の奥に見える「往生極楽院」です。
手前の「宸殿(しんでん)」の建物の中から覗く構図になっています。 

kamami.jpg

shinden.jpg実際のシーンです

yuseien.jpgこの豊かな緑を出すのが難しい

hiru.jpg新作の昼

yu.jpg新作の夕暮れ

posted by 箱庭屋 at 02:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年09月05日

ギャラリー前期(8月)終了

京都烏丸のギャラリー富小路で8月30・31日に開催された「極小世界旅行」展の報告です。
30日にはテレビ朝日のドキュメンタリー取材も入り慌ただしい一日でした。
たくさんの方にお越しいただき感謝です。
2日間連続で来ていただいた方、懐かしい方、とにかく感慨深い2日間でした。
後期は9月27〜29日(土日月)の3日間で同じくギャラリー富小路さんで開催の予定です。

kaimami.jpg新作「かいまみ 〜垣間見〜」

hakosekai.jpg箱世界

fllr.jpg

2F.jpg2階

gya.jpg

posted by 箱庭屋 at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月30日

ギャラリー展 「極小世界旅行」本日開催

京都の烏丸にあるギャラリー富小路で本日から「極小世界旅行」〜閉ざされた小宇宙〜始まります。
8月30日は朝からABC朝日放送のドキュメンタリーの撮影が入ります。
写真は前日の夜の準備の様子です。

■会期
2014年8月30・31日(土日) 、9月27・28・29日(土日月) 5日間
全日 11:00〜19:00

■会場
ギャラリー富小路(とみのこうじ)
〒600-8053 京都市下京区富小路通 綾小路下る塗師屋町83
地下鉄四条駅  阪急烏丸駅  阪急河原町 徒歩6分
京阪祇園四条駅 徒歩11分    地下通路12番出口

gya.jpg
posted by 箱庭屋 at 02:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月25日

ギャラリーでの新作「カイマミ」

新作の和風作品「かいまみ」の外観です。
シーンは京都の「大原三千院、往生極楽院と庭」もう一つは「伏見稲荷大社、千本鳥居」です。
実はまだ完成していません
基本構造はボトルスコープと同じですが竹ならではの困難がいろいろと・・
形もひとつひとつ違うし、間に合うのか・・
とにかく仕上げなければ・・・

P1210526.jpg
posted by 箱庭屋 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月08日

大丸京都店の展示そのご

8/6の大丸京都店の展示は無事終了できました。
平日の昼間にもかかわらずお越しいただいた皆様ありがとうございました。
赤ちゃんから90歳のおばあちゃんまで幅広い年齢層はさすが百貨店です。
(さすがに赤ちゃんには何のことだか解らないでしょうが・・・)
90歳のおばあちゃんからは昔の「のぞき」(のぞきからくり)の話を聞かせて頂いたりも。
今回の展示の様子は後日のドキュメンタリー番組でも紹介していただける予定です。
写真は開店直前の様子です。
daimaru.jpg
posted by 箱庭屋 at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年08月01日

京都大丸イベント展示(追加情報)

8月6日(水) 京都大丸6階のイベント展示の追加情報です。
ドキュメンタリー番組(ABC朝日放送)の取材が入りますので、映っても構わない方、映るのが嫌な方、ご注意ください(番組スタッフの方が必ずどちらかを聞いてこられます)。ここで顔がバレるとまずい方特にご注意くださいね。イベント準備段階から撮影が始まりますので開店直後であればほぼ確実に映っていただけます。ただ放送していただけるかどうかは判りませんが・・・

8月6日(水)京都大丸6階「ほっとスポット」 10:00〜17:00
阪急京都線烏丸駅より徒歩1分(地下道直結)
地下鉄烏丸線四条駅より徒歩2分(地下道直結)

(※8月末に展示するギャラリー富小路さんもここから徒歩圏内です。)
posted by 箱庭屋 at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月31日

初個展

ちょうど1ヶ月後の8月30日(土)31日(日)京都のギャラリーで初個展を開催することになりました。
まあ初個展というにはちょっと大袈裟すぎるかもしれません、"密やかなお披露目"ぐらいが相応しいでしょうか。ここで初の「和風作品」が登場の予定です。

その和物挑戦の初舞台になるのが京都の町屋を改装した「ギャラリー富小路」さん、(とみのこうじ)と読みます。今年(2014)の3月にオープンしたばかりの新しいギャラリーです。賑やかな四条通りから南北に走る富小路を少し南に入ります。家並みの連なる中ににひっそりと現れる「隠れ家」のような建物。

実はここのギャラリーの改装を手掛けられたのが「オークヴィレッジ木造建築研究所(岐阜県)」。
木工に携わる人間なら知らぬものはいないというあの「オークヴィレッジ」の建築部門、この"仕事"を見るだけでも非常に価値があります。(もちろん箱庭の方もご覧くださいね)

日時:2014年8月30日(土)・31日(日) 時間未定ですが普通に午前中〜夕方ぐらいになると思います。

場所:京都市下京区富小路通綾小路下る塗師屋町83 「ギャラリー富小路」

アクセス:地下鉄四条駅、阪急烏丸駅、阪急河原町それぞれ徒歩6分(交通至便です)


gallery-1.JPG





posted by 箱庭屋 at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月16日

パイレーツ・オブ・ボトリアン?

イベント用の解りやすいタイトルの作品、だったはずがよく解らない作品になってしまいました。
パイレーツ・オブ・カリビアンの導入部分からきているのですが、ごちゃごちゃして???
よっぽどの帆船マニアなら解るかもしれませんが・・・
奥に見える帆船がブラックパール号のつもりです。
海賊が船尾を見せているということは手前の船は海賊を追う英国海軍の船となる訳です。
うーん解りずらい・・

pirates.jpg
posted by 箱庭屋 at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月12日

京都大丸6階でイベント展示

きたる8月6日(水)京都大丸6階のフロア「ほっとスポット」でイベント展示を行います。
時間やスペースの関係上ボトルスコープメインの展示になります。
他にもペットボトルタイプやミニチュアの展示もあり、気軽に誰でも楽しめるのでちょっとしたお時間つぶしにいかがでしょう。
といっても平日の昼間なのでそうそう時間のある方はいないかもしれませんが・・。
夏休み期間の子供達が多そうなので解りやすいタイトルも準備しました。
下の写真はその一例ですが、すぐにおわかりですよね。

8月6日(水)京都大丸6階 10:00〜17:00
阪急京都線烏丸駅より徒歩1分(地下道直結)

alice.jpg
posted by 箱庭屋 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年07月04日

ABC朝日放送「ココイロ」

関西の方なら知らず知らずのうちにどこかで眼にしたことがあるかもしれません。
メイン番組が終わって次のメイン番組が始まるまでの僅かな間に放送されるスキマ番組「ココイロ」
平日、毎日やっているのでトミーズ雅さんのナレーションといえば番組名は知らなくても「ああ、あれ」といった方も多いかも。
(かくいう自分もそうでした)2分弱の短い番組ですが、準備時間も含めて撮影にはなんと6時間かかりました。
とにかく少しでも多く撮っておいていいところを選んで使う、作品作りにも通じるところがありますね。

7月の第3週が大阪阿倍野特集で最終日18日金曜夜に登場します。放映時間も日によってまちまちになったりするので、
どこかでお目にかかれるかもしれません。

ABC朝日放送「ココイロ」(関西ローカル)毎週月〜金曜日 夜 


続きを読む
posted by 箱庭屋 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年05月28日

なかなか

時間が開いてしまうとなかなか書けないものです。
決して逃亡していた訳でも無く、三月に暫く忙しい時期があって「職人」として出回っているうちに、こちら(ブログ)の方がご無沙汰に・・
じゃあ、さんざん盛上げておいたポップアップカードはどうなっているのか?
はい、こちらの方も決して忘れていた訳でなく地道に改良を続けています。
実はある出版社さんと話をしているのですが、今迄に無いタイプのものだけに課題が多くてなかなか思うようには進みません。
こっちを1mm削り、あっちを2mm延ばし、ここの角度を少し変えて・・試作品を作って検証して、また削って延ばして・・
厳しい制約の中のギリギリの攻防が続いています。

まだ結果は判りませんが、そのうち明らかになることでしょう。

tryal LT.jpg

写真はおそらくボツになるであろう屋根付き?タイプ

posted by 箱庭屋 at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月09日

「小さな旅」のケース

a1.jpg
「小さな旅」の3つのシーンがほぼ揃ったところで、3つセットで入るケースを考えてみました。アンティーク風の革装本をイメージしたブック型のケースです。やや細めの辞書の外箱みたいな感じです。

a3.jpg

3つがまとまるので本棚にも収納しやすくなりました。これ1冊でプチ世界旅行に旅立てるといった趣向でしょうか。エアメール風の「小さな旅」3通(?)は紙の素材を変えてみました。カナダは雪のイメージで白、ベネチアは中世的なイメージ(あくまでも主観です)でベージュ、モルディブはナチュラルなイメージのクラフト紙です。

a4.jpg

シーン的にはまだまだ作ってみたいところがありますが、ひとまずここで「こんなものが欲しい人が世の中にいるのか?」を問うべくクラウドファウンディングに懸けてみたいと思います。

普通の印刷物のようにすんなりいくとは思えません。特異な部分や未知の作業に直面しそうなので、どこでも作れる訳じゃなさそうです。まずはこんな面倒くさいものに取り合ってくれる紙工、紙器の会社を探さねばなりません。その上で見積もりをお願いして「壮大なプロジェクト!」の概要をご紹介していきたいと思います。


posted by 箱庭屋 at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年02月08日

とびだすジオラマ ベネチア

ve1.jpg
ジオラマポップアップカードの第3弾、ベネチアができました。まだ試作品段階なので細かい仕上げはこれからですが、雰囲気は充分感じて頂けるのではないでしょうか。
今回の作品は自分でも結構気に入っています。
開いて机に置いてあったのをちらっと見た時、一瞬中に入れそうな不思議な錯覚を感じるぐらいなので、楽しい作品になったのではないでしょうか。
写真を見たら全部紙でできているとは自分でも信じられないです。
ただリアルさを追求した分、仕組みが複雑になってきたのが悩みの種ですが・・。

youtube動画ベネチア



ve2.jpg

ve3.jpg





posted by 箱庭屋 at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月31日

「小さな旅」カナディアンロッキー

ca0.jpg
ポップアップジオラマの新作です。シーン的には「箱世界」のリメイクですが、すべて"紙"というのがハードルが高いです。ましてやそれをポップアップにするとなるとひたすら試行錯誤の連続・・・。
誰でもすぐ思いつくようなことは、たいてい全世界の多くの人がやっています。ちょっとひねったつもりでもやっぱり世界は広いので同じようなことを思いつく人は必ずいます。

時代の流れというのか、時の醸成というのか、「電話」も「飛行機」も決して一人の人間が思いついたものではなく、世界各地で多少の時間差はあるにしても独自に考えていたひとが何人もいたという事実。ベルもライト兄弟もたくさんいた訳です。

ベルやライトの時代からみると世界中を大量の情報があっという間に伝わる今、誰もが思いつかない新しいものを産み出すのは困難です。そんな中でも「なるほど」「おおっ」と感じる製品、サービス、研究がある訳ですから作り手としてはやっぱりそこを目指したい。

ところがひたすら制作に励み、孤独な作業に没頭するあまり、往々にして「フォースの暗黒面」に捉えられてしまったような場面に陥ります。

揺るがざる信念と情熱を注いで作りあげた「へんてこなもの」たち、当人は絶対の自信がある訳ですが、まわりは何だか解らない。単なる独りよがり、自己満足・・周りの目もよくわからない芸術家?ヘンテコ発明家?奇矯な変人、あげくに怪しい人物・・。

「誰が何と言おうと俺は作りたいから作る!」と断言してしまえる程の度胸はありませんから、世間に受け入れて貰えるかどうかはとても気になるところです。だからと言って媚びてしまうと作品がいやらしくなるので、「自分が欲しい作りたいもの」と「世の中に受け入れてもらえそうなもの」の方向性が合うものを探すのがポイントだと、まあ自分も楽しく、みんなも楽しくなるものが理想ですけれど。

そこでここ最近、気になっているのが「クラウドファウンディング」というシステムです。クラウドコンピューティングとかと混同しそうですが、同じ「クラウド」でも"群衆"と"雲"で意味が違います。ひとことで言うと「ネット上であるプロジェクトを宣言し、広く薄く寄付や出資を募る」ことです。米国では普及していて日本でも広まりつつあります。

実は「小さな旅」シリーズもいくつかの企業に打診してみたのですが、軒並み断られました。
大きな企業では自社デザイナーが居るのにわざわざ外からデザイン入れるのは躊躇するし、中小では確実に売れる保証のあるものでないと手は出してくれない。ましてやこのご時勢、誰も危ないもの(笑)には近寄りたくない。

個人で細々作ったところで手間がかかりすぎて値段が跳ね上がります。量産効果でコストを下げたくとも企業は手を出せない。そこで残された道が「クラウドファウンディング」かもしれないのです。

作り手が暴走してヘンテコなものを作り出してしまう危険性を排除し(去年やってしまいました・・)、世に受け入れられる作品なのかを厳しく選別されます。作り手としては緊張しますが、とてもありがたいシステムでもあります。

日本でもいくつかのクラウドファウンディングのサービスがスタートしています。特に、制作方面ではCAMPFIRE(キャンプファイヤー)が有力なので、準備が整い次第チャレンジしてみようと思います。

カナディアンロッキー youtube紹介ページ

カナディアンロッキー ニコニコ動画紹介ページ

ca1.jpg

ca2.jpg

ca3.jpg




posted by 箱庭屋 at 18:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記