2017年02月19日

食品サンプルのサンプル

物凄く時間がかかってる「お蕎麦屋さん再現」
メニューサンプルの部分です。
ドールハウスでは1/12ですが、ここではそれよりひと回り小さい1/18ぐらいになってます。
皿や丼を作って、麺やら具材を作って、さらに汁を作って盛り合わせて、ショーケースに収める。
この部分だけで1週間以上、肩と眼がバキバキです。
でもこれはこれで新鮮なチャレンジでした。
menu.jpg

case.jpg
定番のキリンビールと菊正宗も下段右隅に、上部にはチップLEDを仕込んであります
posted by 箱庭屋 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月16日

思想としてのオブジェ展 Object as an idea Exhibition

東京 銀座 画廊 スパンアートギャラリーの企画展に参加させていただくことになりました。
錚々(そうそう)たる面々の中に場末の見世物師が紛れ込んだ違和感が無きにしも非ず。
さりとてそれも座興なるかなと、

2017年 4月8日(土)〜4月18日(火)
思想としてのオブジェ展 Object as an idea Exhibition
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
posted by 箱庭屋 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月07日

9日から京都個展

2016年の締めくくりの月に今までと同じく京都・烏丸のギャラリー富小路で展示をさせて頂きます。期間は9日から3日間です。

ギャラリー富小路
京都市下京区教区富小路通綾小路下る塗師屋町83
地下鉄四条、阪急烏丸、阪急河原町徒歩6分

2016年 12月9・10・11日(金土日)10時〜18時

なんとかぎりぎり間に合ったのが下の作品です。

京呉服の問屋街「室町」の一画六角町にあり、建物は白生地問屋を商った京商家の典型ともいうべき表屋造り。
店舗、住居、土蔵とそれらを結ぶ2つの庭と、通り庭から成っている。
京都生活工藝館・無名舎(きょうとせいかつこうげいかん・むめいしゃ)の庭です。
時間とともに中の光が変化します。
takeniwa.jpg
takeniwa1.jpg
有名な寺社の庭園に比べると非常に限られた空間ですが、生活の中にこんな空間があったらうらやましい。ということで卓上の癒し空間として再現してみました。
posted by 箱庭屋 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月26日

デザインコード展

デザインコード展の様子です。
de2.jpg
ベンツのショールームのすぐ隣、ハイソなエリアです。
de1.jpg
オープン前、大きなツリーも見えます
de3.jpg
1日で3000人超なので結構な賑わいです
de.jpg
箱庭は時間がかかるのでどうしても混み合ってしまいます

明日は雨模様なのでどうなるでしょう?

posted by 箱庭屋 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日からデザインコード展(大阪・梅田)

本日11月26日と明日27日大阪・梅田でデザインコード展開催されます。
20組以上の作家が集まります。私も展示スペースをひとつ頂きました。
ただスペースの関係上展示作品は「オカモチ」だけです。
その他の作品は12月9〜11日に京都での個展に登場します。

●グランフロント大阪 ナレッジプラザ (北館1階)

●11月26日27日 11:00〜19:00

デザインコード展

posted by 箱庭屋 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月25日

11月に大阪で「デザイン・コード展」 

テレビ朝日系の番組「デザインコード」(関東エリア)の放送100回記念イベント「デザインコード展」が11月に大阪で開催されます。今年の3月に東京・六本木ヒルズカフェで行われた「デザインコード展」の関西版ですね。
本当に様々な分野の「面白い物」がご覧頂けると思います。私も末席に登場する予定です。

デザイン・コード展
日程:2016年 11/26(土)〜11/27(日)2日間開催 
場所:グランフロント大阪 ナレッジプラザ(大阪市北区大深町3-1)
主催:株式会社テレビ朝日
協賛:株式会社Cygames
posted by 箱庭屋 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月08日

個展会場にて

今年は昨年みたいなお祭り会場のような慌ただしさはなく、ゆったり、まったり穏やかに時が流れていきます。そんな中「何ヶ月も待ってた」といって来てくださる皆様がおられると、果たして自分自身力を尽くしてきたのか、ただの飲んだくれのオヤジに成り下がっていなかったかホントに身の引き締まる思いです。
posted by 箱庭屋 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

個展会場にて

今年は昨年みたいなお祭り会場のような慌ただしさはなく、ゆったり、まったり穏やかに時が流れていきます。そんな中「何ヶ月も待ってた」といって来てくださる皆様がおられると、果たして自分自身力を尽くしてきたのか、ただの飲んだくれのオヤジに成り下がっていなかったかホントに身の引き締まる思いです。
posted by 箱庭屋 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月07日

東京個展開催中です

東京中野のギャラリーリトルハイでの個展始まりました。
ただ個展前の追い込みの寝不足の疲れかお客さんが途切れると強烈な眠気が・・・



posted by 箱庭屋 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月05日

東京・中野の個展

東京中野の中野ブロードウェイ4階にあるギャラリー「リトルハイ」で明日6日より2週間、個展開催させていただきます。いつものことながら作業は遅々として進まず、ぎりぎりになって大慌てです。

箱庭屋・安田誠一個展

2016.10.6〜10.18(12日休廊)
12:00〜19:00(最終日17:00まで)

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ 4階

ギャラリー リトルハイ


今回どうしても間に合わせたかったのが新作の[Somewhere Door]「何処かの扉」。
(ちなみに[Anywhere Door]だと「どこでもドア」の英訳だそうです。)

v3.jpg

建物の扉を開けると部屋ではなくて世界が広がっている。

微妙な色合いの変化を演出するにはマイコンのプログラム制御が必要なのですが、これがまたたいへん。
難解な暗号を解くようにサンプルプログラムのソースコードを見ていても断片しか解らない。
基本からやればいいのだろうけれど、鈍くなった頭はそうそう受け付けてくれません。
とりあえず不完全だけどどうにかこうにか先程ようやく作品に組み込んだところです。(ホントにギリギリ)

テーマは思い入れのあるベネチア、今回悩んだのが「スケール感」、あまりにも小さいサイズだと没入感が生まれない。だからと言って大きくすれば邪魔になる、「小さな置物程度なのに中に世界が広がっている」このスケール感が今回のポイントでした。

ある空間と空間を繋ぐ接点としての「扉」の持つ魅力、どこに繋がっているのかという期待感。なんかを感じて頂けたら嬉しいです。

※ちなみに私は6日から10日までは在廊の予定です。

v1.jpg

v2.jpg

v6.jpg

v4.jpg

v7.jpg

v5.jpg
posted by 箱庭屋 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月12日

もっと光を!

東京の展示まで1ヵ月を切ったというのに長らくの沈黙。相変わらず悶え転げていますが、特に今回苦しんでいるのは「光」。作品作りの中で「光」は切っても切り離せない重要な存在、というより作品の効果を何倍にも引き出す欠かせない存在。

今までは作品に電気的な仕組みを組み込むことはできるだけ避けてきたのですが、「光の効果的な演出」を追求する上では避けて通れなくなりました。

もちろん全ての作品を「電気」にする訳ではなく、新しく制作中の作品にはどうしても取り入れたかったのです。
具体的にはマイコン制御によるフルカラーLEDの演出といったところでしょうか。
電子回路には漸(ようや)く目処が立ったけれどプログラムはまだ怪しい、果たして間に合うのか???
FULLCOLOR LED.jpg
posted by 箱庭屋 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年07月29日

クラウドファウンディング終了しました

長いようでしたが3ヶ月弱のクラウドファウンディングが終了しました。
多くの方に応援して頂き本当に感謝いたしております。
残念ながら今回は不成立となりましたが、問題点、課題、弱点、メリット、デメリットなど
貴重なノウハウも学ばせて貰いました。
もしチャンスがあるならこの経験を活かして再度チャレンジも考えてみたいと思います。
みなさまほんとうにありがとうございました。
長いトンネルを抜けまた復活します。




posted by 箱庭屋 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月19日

今日の日経新聞朝刊に記事掲載!

nksb.jpg
結構というか極めてというか物凄くいいところです。内側の白黒ページに比べるとやっぱり迫力が違いますね。
顔写真が「蛭子能収さん似?」です。まあ広角レンズで50センチの至近距離から撮られた写真なので、顔に遠近がついてます。いくら遠近にこだわっているからと言って、顔まで"遠近"にしていただかなくてもよかったのですが(笑)。でも蛭子能収さんの背伸びしない自然体"飾らない"スタイルは結構ファンなんです。

posted by 箱庭屋 at 06:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月17日

新聞記事?

19日(木)朝刊になりそうです。
posted by 箱庭屋 at 00:14| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月07日

季刊誌「クラシズム」 CLasism Vol.2 2016年夏号に掲載

知的探求心を忘れず、「クラシ(暮らし)」に、「スム(住む)こと」に、こだわりを持つ大人たちを対象にした季刊誌「クラシズム」が「心にひとつあなたの庭を」という特集をされることになり、「庭」つながりで「箱庭屋」も載せて頂くことになりました。「庭と私」のコーナーで見開き2P載っています。不自然に引きつった笑い顔が・・・
5月10日発売、近畿2府4県、東京都内の一部の書店、Amazon
A4変形大判、フルカラー、108ページ 1080円(税込)


posted by 箱庭屋 at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月06日

クラウドファウンディングのグレードアップ版

今クラウドファウンディングの「マクアケ」で公開中のプロジェクト「ポポラマ」
現状、印刷部数の設定からどうしても割高感が否めません、もしも印刷部数が増えてコストが下がったとしたら早くにご注文頂いた方に申し訳ないので、とりあえず完成品に限って300部限定で仕上げをグレードアップさせて頂くことにしました。で具体的にどうなるの?ということでこれから説明いたします。

1.レーザーカットの断面は白い
レーザーカットされた切り口は正面から見たときはそうでもないのですが、斜めから見たときに切り口の白が目立つ場合があります。黒い紙が使えればいいのですが、印刷の発色、レーザーで焦げやすくなるなどで使えません。kirikuchi1.jpg

そこで切り口を着色することにします。着色には先が細くなった筆ペンが便利です。黒すぎる場合は薄墨色を用い使い分けます。
hude1.jpg

2.水面を塗る
砂浜と海面は艶消し印刷と光沢印刷を使い分けます。光沢印刷は艶はあるのですが平坦で”凪(ナギ)”のような状態になってしまいます。
nami1.jpg
(写真はイメージで実際に印刷されたものではありません)
実は「UV盛上げ」という特殊な印刷方法もあるのですが非常にコストがかかるので今回は採用できませんでした。グロスポリマーメディウムという艶出し塗料を筆で塗ってやるとリアルな波の表現が可能になります。風景に躍動感が産まれるとでも言ったらいいのでしょうか。キット制作の場合木工用ボンドを筆で塗っても近い効果が得られます。
nuri1.jpg

300部も作業するとなると結構覚悟がいりますが、早めにご注文いただいた方への感謝の気持ちで少しでもリアルなものをお届けできたらと考えています。
どうぞよろしくお願いいたします。

posted by 箱庭屋 at 16:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年05月02日

クラウドファウンディングスタート!しました

ついに、というかようやくというか、恐ろしく時間がかかった末にクラウドファウンディングを始めました。
サポートしてくれるところは「マクアケ」です。

makuake_380_100_b.gif

TOPAGE.jpg

マクアケ:未体験3D!開けばそこは別世界!!箱庭屋ポップアップジオラマ【ポポラマ】モルジブ
プロダクト

キットと完成品の2パターンあります。
取りあえず完成品の最初の300点は限定仕様ということで印刷されたものに手を加えてグレードアップさせています。キットの方は印刷された状態のままですので解説書を見ながらご自分で自由にグレードアップしていただくスタイルになります。

グレードアップの中身は
・印刷された平面光沢の海に波を筆塗で加えててよりリアルに仕上げています。
・レーザーカットされた紙の切り口がそのままでは白く目立つの筆で着色してあります。
手作業で加工するのでとりあえず最初の300点とさせていただきます。

本当はもっとコストを下げたいのですが、数量が中途半端でなかなか下がりません。
細かい部分はこれからまだ詰めていきますのでリクエストなどありましたら、ぜひお寄せください。
最初は「モルジブ」からですが、プロジェクトがうまく進めばシリーズで出せるかもしれません。
皆様ぜひよろしくお願いいたします!

箱庭屋・安田誠一


posted by 箱庭屋 at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月20日

ポップアップ「ポポラマ」のクラウドファウンディング準備中

TOPAGE.jpg

現在、企画中の飛び出す紙のジオラマの名前を決めました。
ポップアップジオラマ Popup Dioramaなので
POPORAMAです。

ネーミングするときに注意しなくちゃならないのが先に使用があるかどうかなので、「ポポラマ」「POPORAMA」で検索してみると、「ポポラマーマ」というパスタ屋さんとか40年前のスウェーデンのラジオ番組などがあるようですが業種が異なるので大丈夫なようです。

では、企画がどのくらい進んでいるかといいますと、4月末からGW頃にはクラウドファウンディングをスタートさせたいと考えています。今日、原稿を提出しなければならないので大慌てです!
詳細わかりましたらお知らせいたします。

posted by 箱庭屋 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月21日

デザイン・コード展〜美の暗号〜

2日間のデザインコード展終了しました。さすが都内の一等地とあって来場者も格別です。
場所柄か外国人のかたも多かったです。d1.jpg
開場前なので静かです。
d2.jpg
こちらも開場前です。
d3.jpg
箱庭コーナーは座興みたいに手軽に楽しめます。


posted by 箱庭屋 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月15日

今週末「デザイン・コード展〜美の暗号〜」開催

いよいよ今週末3月19日・20日の2日間、東京・六本木ヒルズカフェ/スペース(六本木ヒルズ森タワー2F)で「デザイン・コード展〜美の暗号〜」が開催されます。気が付いたらもう直前です。

飲んだくれの見世物小屋のおっさん(=私)にはちいと敷居が高くはありますが、やはり気になるものがいろいろあるので見に行こうと思っています。
今回きになってるのは大野友資さんの「360°BOOK」(青幻舎)のオリジナル作品。
「開けば飛び出るジオラマ」ときけばそれだけできもそぞろ・・かな。

私のほうの「開けば飛び出るジオラマ」実現にはまだまだ難問山積ですが、4月半ばを目標にとにかくクラウドファウンディングに漕ぎ着けたいと悪戦苦闘中です。
posted by 箱庭屋 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記