2019年04月21日

枯れ木に葉を咲かせましょう?

ジオラマリニューアル作業の報告書GW中にまとめないといけません。
少しずつ修復すると変化が感じられないのですが、前後の写真を比べると解りますでしょうか。
before1.jpg
この木が下のように復活
after1.jpg

Before 〜 Afterですね
before0.jpg
after0.jpg
Afterの写真が良く見えるのは演色性のいいスポットライトが加わったのも大きいです。
よく見ると川端少年が!
posted by 箱庭屋 at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月12日

ジオラマリニューアルとワークショップ

久方ぶりの更新、あまりに開き過ぎて更新方法も忘れてるくらい逆に新鮮な感覚。
作る意欲が失われたというか、手が動かないというか。
いくつもの季節が行きすぎました。
こんな場合あえて近づかず避けるように遠ざけて、
そのうちどうしても作りたくなるまでほっとくしかないのでしょうね。
その間はいろんな仕事で糊口を凌ぎつつ。
さて、先月一杯まで取り掛かっていたのが「ジオラマリニューアル作業」のお仕事。
大阪茨木市にある川端康成文学館のジオラマのリニューアルに合わせ「参加型のワークショップで一緒に直しましょう」という企画。すべてワークショップでこなすことはできませんが、主だった樹木を参加者の方に修復していただくことができました。
黙々と痩せ細った樹木に葉(着色スポンジ)を盛る作業、
「いつまでこんなことさせんねん!」といった苦情が出ることを覚悟しておりましたが、
あにはからんや、結構皆さん楽しそうに作業をしてくださるのです。
ネットを見て来られた方が殆どで大半が女性、驚くべきことに女子大生まで!
部屋の間違い?と思ったらさにやらず、どうやら最近若い女性が各地の文学館などに脚を運ぶケースが多いとのこと。原因は往年の文学者をイケメンキャラクターに描いたゲームによるもの。
wsb.jpg
文豪とアルケミスト」より川端康成
確かに美形キャラですね
ws0.jpg
上が開いたオープンタイプのジオラマなのでホコリ、傷みが出やすいのです。

ws2.jpg
ws1.jpg
修復した樹木を植えます。
ワークショップは終了しましたが貴重な体験でした。

川端康成文学館
posted by 箱庭屋 at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記