2017年02月19日

食品サンプルのサンプル

物凄く時間がかかってる「お蕎麦屋さん再現」
メニューサンプルの部分です。
ドールハウスでは1/12ですが、ここではそれよりひと回り小さい1/18ぐらいになってます。
皿や丼を作って、麺やら具材を作って、さらに汁を作って盛り合わせて、ショーケースに収める。
この部分だけで1週間以上、肩と眼がバキバキです。
でもこれはこれで新鮮なチャレンジでした。
menu.jpg

case.jpg
定番のキリンビールと菊正宗も下段右隅に、上部にはチップLEDを仕込んであります
posted by 箱庭屋 at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月16日

思想としてのオブジェ展 Object as an idea Exhibition

東京 銀座 画廊 スパンアートギャラリーの企画展に参加させていただくことになりました。
錚々(そうそう)たる面々の中に場末の見世物師が紛れ込んだ違和感が無きにしも非ず。
さりとてそれも座興なるかなと、

2017年 4月8日(土)〜4月18日(火)
思想としてのオブジェ展 Object as an idea Exhibition
東京都中央区銀座2-2-18西欧ビル
posted by 箱庭屋 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月07日

9日から京都個展

2016年の締めくくりの月に今までと同じく京都・烏丸のギャラリー富小路で展示をさせて頂きます。期間は9日から3日間です。

ギャラリー富小路
京都市下京区教区富小路通綾小路下る塗師屋町83
地下鉄四条、阪急烏丸、阪急河原町徒歩6分

2016年 12月9・10・11日(金土日)10時〜18時

なんとかぎりぎり間に合ったのが下の作品です。

京呉服の問屋街「室町」の一画六角町にあり、建物は白生地問屋を商った京商家の典型ともいうべき表屋造り。
店舗、住居、土蔵とそれらを結ぶ2つの庭と、通り庭から成っている。
京都生活工藝館・無名舎(きょうとせいかつこうげいかん・むめいしゃ)の庭です。
時間とともに中の光が変化します。
takeniwa.jpg
takeniwa1.jpg
有名な寺社の庭園に比べると非常に限られた空間ですが、生活の中にこんな空間があったらうらやましい。ということで卓上の癒し空間として再現してみました。
posted by 箱庭屋 at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月26日

デザインコード展

デザインコード展の様子です。
de2.jpg
ベンツのショールームのすぐ隣、ハイソなエリアです。
de1.jpg
オープン前、大きなツリーも見えます
de3.jpg
1日で3000人超なので結構な賑わいです
de.jpg
箱庭は時間がかかるのでどうしても混み合ってしまいます

明日は雨模様なのでどうなるでしょう?

posted by 箱庭屋 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

今日からデザインコード展(大阪・梅田)

本日11月26日と明日27日大阪・梅田でデザインコード展開催されます。
20組以上の作家が集まります。私も展示スペースをひとつ頂きました。
ただスペースの関係上展示作品は「オカモチ」だけです。
その他の作品は12月9〜11日に京都での個展に登場します。

●グランフロント大阪 ナレッジプラザ (北館1階)

●11月26日27日 11:00〜19:00

デザインコード展

posted by 箱庭屋 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月25日

11月に大阪で「デザイン・コード展」 

テレビ朝日系の番組「デザインコード」(関東エリア)の放送100回記念イベント「デザインコード展」が11月に大阪で開催されます。今年の3月に東京・六本木ヒルズカフェで行われた「デザインコード展」の関西版ですね。
本当に様々な分野の「面白い物」がご覧頂けると思います。私も末席に登場する予定です。

デザイン・コード展
日程:2016年 11/26(土)〜11/27(日)2日間開催 
場所:グランフロント大阪 ナレッジプラザ(大阪市北区大深町3-1)
主催:株式会社テレビ朝日
協賛:株式会社Cygames
posted by 箱庭屋 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月08日

個展会場にて

今年は昨年みたいなお祭り会場のような慌ただしさはなく、ゆったり、まったり穏やかに時が流れていきます。そんな中「何ヶ月も待ってた」といって来てくださる皆様がおられると、果たして自分自身力を尽くしてきたのか、ただの飲んだくれのオヤジに成り下がっていなかったかホントに身の引き締まる思いです。
posted by 箱庭屋 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

個展会場にて

今年は昨年みたいなお祭り会場のような慌ただしさはなく、ゆったり、まったり穏やかに時が流れていきます。そんな中「何ヶ月も待ってた」といって来てくださる皆様がおられると、果たして自分自身力を尽くしてきたのか、ただの飲んだくれのオヤジに成り下がっていなかったかホントに身の引き締まる思いです。
posted by 箱庭屋 at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月07日

東京個展開催中です

東京中野のギャラリーリトルハイでの個展始まりました。
ただ個展前の追い込みの寝不足の疲れかお客さんが途切れると強烈な眠気が・・・



posted by 箱庭屋 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月05日

東京・中野の個展

東京中野の中野ブロードウェイ4階にあるギャラリー「リトルハイ」で明日6日より2週間、個展開催させていただきます。いつものことながら作業は遅々として進まず、ぎりぎりになって大慌てです。

箱庭屋・安田誠一個展

2016.10.6〜10.18(12日休廊)
12:00〜19:00(最終日17:00まで)

東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ 4階

ギャラリー リトルハイ


今回どうしても間に合わせたかったのが新作の[Somewhere Door]「何処かの扉」。
(ちなみに[Anywhere Door]だと「どこでもドア」の英訳だそうです。)

v3.jpg

建物の扉を開けると部屋ではなくて世界が広がっている。

微妙な色合いの変化を演出するにはマイコンのプログラム制御が必要なのですが、これがまたたいへん。
難解な暗号を解くようにサンプルプログラムのソースコードを見ていても断片しか解らない。
基本からやればいいのだろうけれど、鈍くなった頭はそうそう受け付けてくれません。
とりあえず不完全だけどどうにかこうにか先程ようやく作品に組み込んだところです。(ホントにギリギリ)

テーマは思い入れのあるベネチア、今回悩んだのが「スケール感」、あまりにも小さいサイズだと没入感が生まれない。だからと言って大きくすれば邪魔になる、「小さな置物程度なのに中に世界が広がっている」このスケール感が今回のポイントでした。

ある空間と空間を繋ぐ接点としての「扉」の持つ魅力、どこに繋がっているのかという期待感。なんかを感じて頂けたら嬉しいです。

※ちなみに私は6日から10日までは在廊の予定です。

v1.jpg

v2.jpg

v6.jpg

v4.jpg

v7.jpg

v5.jpg
posted by 箱庭屋 at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記